www.isolanelkantiere.org

破産宣告にあたって借金に関して保証人となる人物がいるときには前もって連絡しておいたほうが無難です。改めてお勧めしますが、保証人となる人物を立てているときは破産申告の前によく考えるべきです。というのはあなた自身が破産手続きを出して免除されるとその人が返済義務をすべて支払う義務があるからです。ですので、破産をする前にそれらの詳細とか現在の状況について説明して、お詫びの一つもなければいけないでしょう。これはあなたの保証人の立場に立つと当たり前のことです。友人等のあなたが自己破産することによってまったなしに大きなローンが回ってくるわけです。そうなると、それからの保証人となる人の選べる選択ルート以下の4つです。まず1つめですが、保証人となる人が「いっさいを弁済する」という手段です。保証人となる人がそれら高額な債務をラクに弁済できるカネを所有していればこの手段を取ることができるでしょう。でもむしろ、あなたは破産手続きせずに保証人自身に立て替えをお願いしてあなたは保証人となる人に定額払っていくという手順も取れるのではないでしょうか。保証人が破産を検討している人と関係が親しいのならいくらかは返金期間を長くしてもらうこともできるかもしれません。それに合わせて返済不可能だとしても貸方も相談で分割での返金に応じるものです。保証人に破産宣告を行われると借金がまったく手に入らないことになるからです。保証人が保証した借金をすべて払う財力がなければあなたと同様に何らかの方法による借金を整理することを選ばなければなりません。2つめの方法は「任意整理」によって処理することです。これは債権者と話し合う方法によりおおよそ5年弱の年月で弁済する形を取ります。弁護士などにお願いするときのかかる経費は債権1件につき約4万円。合計7社から契約があるとしたら28万円かかります。確かに債権者との交渉を自分ですることも不可能ではないかもしれませんが、法律の経験のない人だと債権者があなたにとっては不利な内容を用意してくるので、注意が必要です。くわえて、任意整理になるとしたとしてもあなたの保証人にカネを立て替えてもらうことを意味するわけですから、借金をしたあなたはたとえちょっとずつでも保証してくれた人に返済していく義務があります。さらに3つめはその保証人も返済できなくなった人と同様「破産宣告する」という選択です。その保証人もあなたと同様に自己破産をすれば保証人の債務も消滅します。しかしながら、あなたの保証人が土地建物等を所有している場合はそれらの財産を失ってしまいますし、資格制限がある仕事をしているならば影響があります。そういった場合、次の個人再生を利用できます。一番最後の4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を利用する」こともできます。戸建て住宅などを処分せず債務整理をしたい場合や、破産では資格に影響する職業にたずさわっている場合に検討していただきたいのが個人再生による整理です。この処理の場合、住居する不動産は手元に残りますし、破産宣告の場合のような職種制限資格制限が何もかかりません。

コンテンツメニュー