www.isolanelkantiere.org

自己破産の申告は特定の借りたお金をはずした手続きは不可能なので、ローン又は親族などの連帯保証人の存在しているローンを度外視した自己破産に関する申し入れはできないのです。ローンがまだ残っている状態で自己破産の申請をすればマイホームは没収されてしまいます故住宅ローンを払いつつ(自宅を所有し続けながら)債務を整理したいケースでは民事再生の申込方法をセレクトすることになるでしょう。その一方で親族などの保証人が存在する返済義務のある負債が残存しているときには、借金を持つ人が自己破産の申し立てをすると、連帯保証人のところに直接請求が送付されてしまうのです。また持っている資産(不動産、車、株、保険等)などは、通例は全部押収対象になってしまうのでどんなことがあっても絶対に没収されたくない家宝が残っている場合や自己破産申立てをすると営業停止を余儀なくされる免許を用いて労働されている人の場合別の借金返済の方策(債権者との和解による任意整理または特定調停の申し立てといった方法)を考えなければいけません。あるいは、ギャンブルないしは浪費などが原因で未返済金などの債務を持ってしまったケースだと自己破産の目的である免責(返済義務のある借金をなかったことにするお墨付き)が認められない事も考えられますため他の借入金返済の方策(特定調停、任意整理、民事再生による借金の圧縮)なども視野に入れて考えていく必要性があるかもしれません。

コンテンツメニュー